プライスアクション -トレードに予想は必要ない-

トレード予測は不要

トレード予測は不要FXトレードで継続的に収益を上げるのに相場の先行きを予想する必要はありません。それよりも、プライスアクションのパターンを知り、反応する場所を事前に見つけることで、確率度の高いトレードを実行することができるようになります。

例えば今から一年後のドル円相場が50円なのか100円なのか、興味本位で予測を立てことはできますが、こうした予測は目の前のトレードには意味を持ちません。

逆にこうした予想にこだわると、自分のトレードプランを見直す妨げになることすらあります。

必要なのは、確度の高いプライスアクションを自分のトレードプランに適用していくことです。例えば本日現在のドル円は76円中盤ですが、テクニカル分析をした上で80円がレジスタンス、75円がサポートと見込んだら、次のようなプライスアクションを想定して戦略を立てることです。

  1. 80円のレジスタンスを抜けたら相場を上に走らせ、再度80円に戻ってきたところを買う
  2. 75円を切ったら相場を下に走らせ、再度75円に戻ったところを売る

トレーダーと予想屋は全く異なるものです。トレーダーには次のような仕事が求められます。

  1. テクニカルの分析を行い、サポートとレジスタンスの場所を見つける。
  2. 相場がそのポイントにぶつかり、反転するか?ブレークするかを見極める。
  3. その上で走らせた相場のプルバック(戻りのプライスアクション)を待ちエントリする。
  4. 自分の決めたターゲットに達したら、相場がどれだけ行きそうでも利食う

一番忍耐力が求められるのは、自分でサポート・レジスタンスを見つけても、そこまで相場が達せずに中途半端な動きをしている期間は待たなければいけないことです。痺れを切らしてエントリしたくなりますが、自分の戦略に相場が入ってくるのを辛抱強く待ち、相場が入ってこないときには諦め、別の戦略を新たに立てて再度相場を待つことで、結果的に最終的な収益率を上げることができるようになります。

プライスアクションの簡単な基礎やチャートの設定方法の導入部分は、画面右上の無料動画を申し込んで貰えればすぐに無料で視聴ができます。

すぐにテクニカルの分析方法を順序立てて知り、自分のトレードに活かしたいと思われる方は、実践編にて4時間以上をかけて詳細に説明をしています。詳細はこちらから。

“0”へのコメント(0)

  1. taira のコメント:

    今晩は。いつもブログの方拝見させて頂いています。勉強になります。
    >番忍耐力が求められるのは、自分でサポート・レジスタンスを見つけても、そこまで相場が達せずに中途半端な動きをしている期間は待たなければいけないことです。
    その通りだと思います。自分はまずはレジサポを見つける訓練から必要な感じです、、。動画の方楽しみにしております。有難うございました。
    動画の方

  2. admin のコメント:

    サポートとレジスタンスの見つけ方には、いくつも種類があるので、大切なことは、全部をマスターすることより、自分の得意な方法・ペアに絞って戦略を立てることだと思います。貴重なコメントを頂きまして、ありがとうございました。更新の励みになります。

  3. kou のコメント:

    初めまして、よそ様のブログを拝見しているときに偶然こちらのブログを
    見つけました。就寝も忘れ、夢中で読ませていただきました。

    ほぼ毎日FX関係のブログは1つ2つ拝見させていただいてますが、
    中々、自分には理解できないことも多く、ただ読み流してる感だったのですが
    こちらのブログでは、そうだったのかと深く気付かされ感謝の気持ちで
    いっぱいです。

    これからも記事を楽しみにしております。
    どうもありがとうございました。

  4. mori- のコメント:

    初めてユーチューブでフィボナッチ係数の関連で御サイトにたどり着いた時は導きだと思いました。特に、ハーモニクスパターン等のパターン分析における精度が以上に上がり勝率にして40%強は上がったと思います。ビデオ完成心待ちにしております。
    がんばりましょう!

  5. 通りすがりの人 のコメント:

    最近プライスアクションに興味をもっているのですが、ネットや本で探してもみあたりません。
    どのように勉強したらよいのでしょうか?

    • 管理人 のコメント:

      ホームページ右上のメルマガ購読を申しこめば、無料でプライスアクションの導入部分(といっても、結構内容は濃いですが)を紹介したビデオが視聴出来ます。
      まず最初にそちらをご覧になっていただければ良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です